ネコは多頭飼いが面白い!年代別猫との暮らし方

猫と暮らしている愛猫家は、2匹以上の多頭飼いが多いです。食事や健康管理には工夫が必要です。病気も期になります。でも、それ以上に猫同士の関わりを肌で感じることができて毎日ハッピー倍増!もっと猫のことしりたい!という愛猫家に贈る情報発信ブログです。

黒猫って人気があるの?ないの?なぜ地域によって評価が分かれるのか不思議な被毛!

今年第1弾の保護猫子にゃんこは黒猫姉妹でした♪春の終わり頃に生まれたチビチビサイズで我が家に来ました。 体調もいまひとつだったので、無事に育つかな?・・・と、かなり気を揉みましたが、先週晴れて里親様の元へ!それも2匹一緒に!! 猫の譲渡をメイ…

猫の爪とぎ被害は痛いけど、爪除去手術は感心しない!

現在わが家はねこ様の『爪とぎ』に悩まされています。 去年マンションを購入して引っ越しました。それまではペット可の木造アパートで、賃貸ではあったけどそれなりに工夫してありました。 壁紙は中央付近で区切ってありました。見切りって言うんでしたっけ…

保健所からの保護子猫は体調が悪いことが多い最大の理由

しばらく更新が滞っていましたー。いつものことですが・・・。子猫の季節となってわが家にもチビたちが滞在しています。 保護ボランティアに携わっている人でも何から何までオールマイティにやっている人は少ないと思います。特に個人では。 TNRは猫を捕…

チビ子猫の里親になるには?保護猫譲渡会に行ってみよう!

犬猫の販売において「生後8週齢規制」というのを知っていますか?幼すぎる幼猫、幼犬の販売を禁止するというものですが、今まではペット業界の反発があって実現してこなかったのです。 欧州では、ペットショップの店頭での生体販売が禁止される条例が多い中…

猫との暮らし、家族みんなの同意ある?ハッピー猫ライフの秘訣!

ゴールデンウィーク明け、なんだか呆けているわが家の面々です。猫も然り。うちの子、いろんなことをやらかしてくれて笑うに笑えない・・・。 ま、気が引き締まってよし!とします。 GW中、私が携わっている保護団体も猫の譲渡会を開催しました。子猫が多数…

保護ボラのお願い!子猫の里親になりたい人へ理解して欲しいこと

ゴールデンウィークが始まっています。今年は大型連休で、あちこち混んでるとか!特に遠出するでもなく、いつもの休日を過ごしていますけど~。 毎年この時期になると猫の保護ボランティアはそわそわし始めます。GWの予定よりも気になること、それは・・・ …

梅雨の前に猫に付くノミを徹底的に駆除!お尻からにょろにょろ白い物体が~っになる前に対策を!

春ですねー。我が家の猫たちは日向でぬくぬく惰眠をむさぼっています。まぁ、猫はどの季節でも寝てばっかりですけどね。 外の猫たちもやっと寒い季節を終えて活動的になっているようです。そろそろ、子猫を連れた母猫の姿もちらほら見えるようになります。 …

愛猫といつまでも共に・ペットと一緒のお墓に入りたい?

昨年、義母が亡くなり夫が施主となって葬儀や法要を行っていますが、ふと思うこと。それは、家族としてずっと共に暮らしてきた猫たちと一緒のお墓に入れないかな?ということです。 ペットの死を受け止めるために(ペットの送り方) 私は今まで5頭の愛猫を…

猫も冬は太りやすい!専用エクササイズマシーンが気になるにゃっ!

毎日寒いです。暖房をガンガン入れている部屋で、猫たちは1日中ゴロゴロしてます・・・。猫にとってそれほど寒いってワケではない環境なのに、冬は運動量が減ると感じるの気のせいでしょか? ふわふわの冬毛にだまされるな!猫も正月太りする!? 猫の発情…

猫の寒さ対策の絶対注意して欲しいポイント!毛の少ない猫は風邪も注意!

毎日寒いですねぇ。わが家はマンションなので一軒屋ほど冷え込みはしないのですが、それでも朝夕の冷え込みはきついです。 本当は24時間暖房をつけっぱなしにしておきたいのですが、経済状況が許しません。実は先月エアコンとオイルヒーターをつけっぱなし…

猫の飼育数が2年連続で犬を上回ったとか!?多頭飼いしやすいのも理由?

あけましておめでとうございます。2019年になりましたねー。新年だというのに、目が覚めてまずすることは、愛猫たちのごはんとトイレ掃除という・・・盆暮れ正月関係なくルーティンワークが待っているのでした! 猫たちは、やっぱりいつもと同じように、お気…

ワクチンで猫風邪予防できる!?多頭飼いでは蔓延に注意しましょう

冬は乾燥の季節です。寒いしね。人間も猫も風邪を引きやすい季節です。最近の会社はインフルエンザワクチンの接種を義務付けているところも多いですね。我が夫も「ワクチン行かなきゃー」と言ってます。 猫を飼っている人であればご存知の3種混合ワクチン、…

保護した猫にハゲが!?多頭飼いは特に注意!真菌症って?

猫の皮膚炎のひとつに真菌症があります。皮膚炎というより感染症です。これは、人間でいう水虫と同じ白癬菌によるものです。皮膚糸状菌とも言います。 まぁ、呼び名は何でも良いのですが、獣医さんで「あー、真菌ですね」とかるーく言われる感染症です。 で…

猫は可愛いけど、限度を知ろう!多頭飼い崩壊の悲劇

猫の多頭飼いといっても、何頭いるかで生活環境も大きく変わります。長年猫ボラさんのお手伝いをしていると、リアルな状況も垣間見えることが多々。 個人の方が「可哀相」といって猫を拾って・・・また拾って・・・気がついたら家中猫だらけに!ということも…

ヒルズ・ロイヤルカナン・アイムスが動物病院ですすめられる理由

私が猫と暮らし始めたのは、もうずいぶん前のことになります。年齢がしっかりばれてしまいますが~。 そのときは動物病院ですすめられるままにフードを買っていました。ヒルズ。あまりに有名ですね。今でも愛用者はたくさんいると思います。 ペットの発展途…

猫の食事は1日2回が理想?自然の食生活から考えてみよう!

初めて猫を飼うお宅に保護猫をお届けに行くと、たまにですが「食事は1日何回ですか?」と聞かれます。 そういうとき、成猫であれば「1日2回です。」と答えています。・・・答えるようにしています。という方がニュアンス的に分かりやすいでしょうか。 でも、…

キャットフードがなければ完全室内飼いは無理だった!?

猫の平均寿命は15歳を超えました。2018年現在、もっとも長生きしたご長寿猫は、アメリカの38歳のメス猫というから驚きです。 日本では、36歳まで生きたという記録が残っていますが、誕生年が不確かだということでギネス記録にはのっていないそうです。 きっ…

猫の社会化期は9週齢まで!?子猫を飼うときに知っておきたい大事なこと!

猫の社会化期について、どのくらい知っていますか? 少し前に「生後8週齢規制」が話題になったこともあるので、犬猫をあまりに小さなときに親から離すのはよくない・・・というのを耳にしたこともあるのでは? 社会化期ってなに?猫にとってなぜ必要? 子猫…

パーソナルキャットは多頭飼いに向かないのか!?他の猫と相性は悪い?

パーソナルキャットという呼び方を知っていますか? たった一人の人にしか懐かない猫 このような猫のことをそう呼ぶことがあります。たった一人の人とはほとんどが飼い主ですが、一番好きという次元を通り越した状態。さらには、一緒に暮らしている同種であ…

大阪の猫好き必見!「ねこ休み展」1年半ぶりに開催!今回はハロウィンだ!

猫好きであれば、店先に可愛いネコグッズがあったらつい足を止めて見入ってしまいませんか? 私などもういい年なので、さすがに身につけるものに猫モチーフはちょっと気が引けますが、見ているだけでほっこりします。 そんな猫好きさん必見!ねこ休み展が大…

猫が外に行けないのは可哀相?完全室内飼いとストレスについて

猫の保護団体では、譲渡の際かならずと言っていいほど完全室内飼いをお願いしています。保護主の考え方によって他に条件はいろいろあるでしょうが、これは絶対条件と思います。 理由はいくつかあります。自分の家は奥まった場所にあって車の通りもないから事…

猫だけのお留守番はどのくらいまで平気?旅行のときはどうする?

猫を飼っていると、なかなか旅行に行けませんよね。我が家はそれほど旅行好きというわけではないけれど、年に一度はどこかしらに行きます。 1泊のプチ旅行のときもあるし、もう少し長いときもあります。 家を1拍以上空けるとき、猫飼いサン達はどうしてい…

猫にかかる生活費はどのくらい?多頭飼いの場合は掛け算に!?

猫を初めて飼うときは、トイレやキャリーバッグ、専用の食器など買い揃えるネッコグッズが多いです。譲渡されるときに費用がかかる場合があります。医療費の一部などが多いです。 拾った場合でも、最初の健康診断やワクチンなど医療費はさらに多いです。比較…

先住猫が気難しいときの多頭飼いの秘訣!飼い主の考え方も大事

我が家の一番年上の猫はとーっても気難しい女子です。もう9歳ですが、若猫のときからずっと気難しい・・・。 そんな彼女、元保護猫なので保護主の家でも私の家に来てからも、ずーっと他の猫と暮らしています。 先住ちゃんが気難しいけど、多頭飼いがしたい!…

猫には体臭がほとんどないのはなぜ?お日様のニオイがするって本当?

猫は犬に比べて体臭が少ないです。健康な猫であれば、ほとんどない!もしくやお日様の匂いがする、と感じるほどです。 猫ってしょっちゅうグルーミング(毛繕い)しているイメージがありますね。もちろんそれも猫に体臭がない(嫌なニオイがしない)理由のひ…

保護猫のこともっと知ろう!ネコのバスが名古屋へやってくる!

最近「保護猫」という言葉を耳にすることも多くなりました。我が家のにゃんず2匹も元保護猫です。 猫を飼うことになった経緯はそれぞれだと思います。拾った、ペットショップやブリーダーから購入した、知人からもらってと言われた・・・。 そんな中で、今…

保護猫にコクシジウムが出たら「はあぁぁ~」とため息が出る理由

私は10年ほど前から保護猫の預かりボランティアをしていますが、新しく来た子猫に検便でコクシジウムが出たら「はぁぁ~」とため息が出ます。 回虫でも条虫でもため息は出るんですけどね。お薬か・・・。フロントラインやレボリューションのように、首の後…

猫に好かれるのはどんな人?嫌われないための3か条

猫のイメージってどんなですか? 自由気まま 気分屋 人見知り ツンデレ 人に懐かない! 昔の人は「猫は家に付く」なんて言っていました。猫はペットとして犬と比べられることが多いので、そのイメージも上記のような結果になるのかもしれませんね。 実際猫を…

猫に危険な植物はいっぱいある!室内の観葉植物には要注意!

リビングに飾った観葉植物、グリーンの癒し効果で快適な空間ですね。でも!猫がいる部屋では注意が必要です。 観葉植物などには、猫が口にすると中毒症状を起こしたり、場合によっては死に至るような危険なものもあるのです。 猫は草を食べるから大丈夫だと…

猫のトイレ砂は何がいい?素材の特徴と選び方のポイント

猫と暮らすに当たって、必須アイテムのひとつに猫砂がありますね。外出自由にしているから、「どこかで」してくるからいいわー・・・なんてダメです!絶対ダメ!! 排便、排尿は家できちんとさせましょう。というより、完全室内飼いを強く推奨します! 私は…