猫を迎えたらそっと見守りつつじっと観察!

待ちに待った猫がやってきました。

もーう可愛くて可愛くて触りたーい!と思うのは当然ですが、ちょっと待ってください。猫は始めての環境でドキドキです。しばらくはじーっと見守ってくださいね。

 

子猫の場合、よほど怖がりな性格ではない限りしばらくするとあたりをキョロキョロ見回して、少しずつ動き始めます。

中にはまったく物怖じせずにいきなりおもちゃで遊び出す子もいます。

 

f:id:kurunokini:20170520211736j:plain

大きな物音は猫を怖がらせます

子猫を驚かせないために、慣れるまでは大きな物音はなるべく出さないように気をつけましょう。リビングにケージを置いた場合はテレビは控えたほうが無難です。点ける場合も音量は控えめにしましょう。

小さなお子さんがいる場合も大きな声を出して猫を驚かせないように気をつけてあげてください。

ブリーダーや保護主宅で最後に食べた食事時間から計算して、持参してもらったフードをケージの中に入れてみてください。

食事をしてトイレをしたら一安心です。

 

初日に体重を計っておきましょう

子猫の健康管理でとても重要なことは体重測定です。子猫はお腹を壊して下痢などした場合あっという間に体重が落ちてしまいます。特に1kg未満の子猫の場合はしばらくの間、毎日計りましょう。

2kgまで計れるキッチンスケールが便利です。

 

f:id:kurunokini:20170520211826j:plain

猫の居住空間の再チェックをしましょう

猫を迎えるまでに家の中で危険がないかチャックしていると思いますが、いざ猫が動くとなると予想もしなかった事態が起こったりします。

猫は頭さえ入れば通り抜けられます。子猫の場合はほんとに小さな隙間でも入ってしまうことがあります。特に家具の隙間など目に付かないところは要チェックです。成長するまで塞いでおくことが無難です。

 

普段の生活の中での注意点です。

  • テーブルの上に危険なものはおかない(薬・タバコ等)
  • キッチンの生ごみは出しっぱなしにしない
  • お風呂場のドアを開けっ放しにしない(湯がはってある場合)
  • ドアを開けておくときはストッパーをする(挟まってしまう危険がある)

などきりがありませんが、あとは猫が自由に動き回ったときにあっちでガシャン、こっちでガシャンを繰り返して段々猫仕様に改造していきます。猫と暮らすと望むと望まざるとシンプルライフになっていくのかもしれませんね。

猫を迎える日、何をどう準備すれば良いの?

猫がやってくる日までにとりあえずの猫の居住空間を作っておきましょう。

いずれ室内フリーにするのであってもいきなりリビングに放してしまったら猫も戸惑います。怖がりな子だったらソファの後ろに隠れて何時間も、いえ何日も篭城して出てこない、などということもあります。

 

まずは環境に慣れるまで、ケージで過ごしてもらいましょう。
ケージの場所はリビングでよいと思いますが、窓辺は避けたほうが無難です。
直射日光や窓の隙間によって気温の変化が大きいからです。
人の気配があまりにも気になるようでしたら、布などで少し覆うと良いでしょう。

 

ケージの中には、砂を敷いたトイレ、飲料水、やわらかい布や専用の猫ベッドを用意します。冬場であれば保温のためのヒーターも必要です。
子猫の場合、たいていはそれまで他の兄妹たちとくっついて体温を保っていたので、1匹になった場合保温には気を使ってあげてくださいね。

 

f:id:kurunokini:20170520211608j:plain

 

迎える日はお休みの日の日中がベスト

お迎えするのはなるべく日中が好ましいです。また、普段お勤めの人ばかりで昼間留守にする環境の場合は、週末などなるべく一緒に居られる時間を長くとれる時がベストです。

環境の変化により体調を崩す猫もいますので、様子をしっかり見てあげられるのと、もしもの場合動物病院に連れて行くことができるからです。

 

猫を自宅まで届けてもらう場合も同様です。

 

猫を迎える前に聞いておく項目

ブリーダーから迎える場合でも、愛護団体などから譲り受けるときも事前に聞いておくポイントがいくつかあります。

猫の健康状態については必須項目です。

きちんとしたブリーダーやボランティア団体であったら、しっかり健康管理をしているはずです。

 

糞便検査・ワクチン・去勢の有無(月齢により)は確認してください。

 

f:id:kurunokini:20170520211624j:plain

ブリーダーや保護主から用意してもらうもの

子猫は急激な環境の変化で戸惑っています。少しでも不安を取り除くためにも親元から用意してもらうと良いものがあります。

  • 今まで食べていたフード
  • 使っていたトイレ砂

普段でも猫はフードを急に変えるとお腹の調子が悪くなる子もいます。私も猫をお届けするときには普段食べていたフードを2週間分くらい持参します。

トイレ砂はにおいがついているので、用意したトイレ砂に少し足すように入れておくことによってここがトイレだと認識しやすくなります。

 

その他、ワクチン接種済みであれば証明書やブリーダーさんからであれば血統書健康診断書をもらってください。